2020年2月13日木曜日

3番HEXAのスリリングな釣り

●スリリングな釣りが面白い!!
 やはり釣りはスリリングな方が面白い。
 レジェンドビルダー Per Brandinと作った8'0" 3番HEXAでHenry’s Fork の20㌅鱒を取った事でその気持ちが改めて強くなった。(Per Brandin とアキマルで作った803HEXA詳細は2018年8月26日と2020年1月25日公開の 10DAYSをご参照ください)
 50cmの ”スーパーランナー” レインボウが3番のロッドをひんまげる、しかもティペットは5x。
 アキマルは改めて3番ロッドのパワーの凄さを実感したのです。
 そこでアキマルから改めて提案。

● 敢えて3番バンブーロッドで
 日本の渓流は狭いスペースに岩が点在する、強い流れのスポットの釣り。
 私の提案する3番HEXAバンブーフェルールロッドはアベレージサイズ山女魚からトロフィーまで、加えて夏の剛力大イワナを、強い流れの、狭いスポットでも自在にコントロール出来る強さと、しなやかさと繊細さを持った3番のバンブーロッド。
 バンブーロッドとは強さの中にあるしなやかさと繊細さのバランスの妙だとアキマルは考えます。

 そこで今日は山女魚シーズンを前に最新の3番YAMAME/IWANA 用 HEXAロッドのご紹介です。

3番YAMAME ショートロッドシリーズ  
● 603 HEXA  G type   3pc ・・・・6`0”   #3     3pc   プログレッシブ・ミッドアクション NEW
● 643 HEXA  E type    2pc  ・・・・6’4”   #3    2pc   プログレッシブ・ティップアクション 
● 703 HEXA  G type    2pc ・・・・7’0”   #3     2pc   プログレッシブ・ティップアクション   

3番 YAMAME
● 743 YAMAME HEXA  Etype    2pc ・・・7’4”   #3   2pc   プログレッシブ・ティップアクション
● 783 YAMAME HEXA  Gtype    3pc ・・・7’8”   #3   3pc   プログレッシブ・ミッドアクション  NEW
● 783 YAMAME HEXA  Etype    2pc ・・・ 7’8”  #3    2pc   プログレッシブ・ティップアクション
最後に
● 3番 TROUT      803 HEXA  Per Brandinとのコラボロッド  
● 8’0”    #3     2pc   Etype   プログレッシブ・ティップアクション
東北の大ヤマメ・夏の剛力35cmオーバーイワナや北海道での広い川や風の強い場所、大物用の繊細な
ドライフライ用にお勧めです。

◎ まずAKIMARU 3番HEXA ロッドの大事なコンセプト。
  その事を証明するために、3本のAKIMARU 3番HEXA ロッドのベンディングカーブを撮影しました。
 各3番ロッドに59gの重りを下げてみました。すべて2pc     上から
 Perと作った803HEXA 50cmオーバーを取るロッドのベンド・・・写真上
 703 YAMAME HEXA  7’0”  小太刀 3番 2pc ・・・・写真中
 643 YAMAME HEXA ショートロッド  6’4”  3番 2pc・・・写真下



 先ずは写真上の50cm鱒を取る803のベンドを基準に見て下さい。
 比べてロッドの長さが30cmから50cm短くなっても描くベンドとバットの余力の残し方に、アクションの共通性をお分かり頂けると思います。
 これがアキマルの3番HEXAロッドです。
● ウィークポイントのない美しい、スムーズなベンディングカーブ。
● 市販のスローアクション=ベナベナの3番ヤマメロッドとはっきり違うのは、バッドは必要以上に曲がら無い事。すなわちまだロッドに余力が残っている事=ロッドに腰と張りがあり、大物の取り込みが楽なこと、そしてキャスティングが楽な事。

 昨今山女魚、イワナの平均サイズが小さくなった事は悲しい現況。それに合わせて細身の3番ロッドはフライフィッシャーとして悲しすぎます。
 やはり狙いは尺上のトロフィー。トロフィー用3番バンブーロッド。
 突然の大物ヤマメやイワナを余裕を持って対応出来る3番HEXA 。
 春の強い風の中でも、3番ラインを自由にコントロール出来るロッドの腰。
 なお且つ3番の釣りに要求される繊細さとしなやかさを備えた HEXAの3番YAMAME  用ロッドです。

NEW !! デザイン  YAMAME / IWANA用 3番HEXA
●グリップデザインはパンプキンシガー 又はフルウェルズ 
● 2020年夏より、Pocket Cap & Ring  スタイルのNew リールシートにデザイン変更いたします。
 
16,3mm径の丸棒銘木スペーサー +  Pocket Cap & Ring (ニッケルクロームカラー)
●オリジナル特製レザーキャップ・アルミケース付き

NEW !! ◉ YAMAME HEXA スタンダードモデル 
2pc 1tip   価格 ¥280,000 (税・送料別)より
                                   *3pcはプラス¥80,000

AKIMARU  Web               http://www.akimaru.jp

* アキマルの現ウェブページはリールシートは旧Ring & Capのまま。今年夏Newリールシートのポケットキャップ&リングに変わります。
詳細はアキマルまで直接お尋ねください。



 News

Catskill Museum   AKIMARU HEXA Exhibition 2021
 皆様ご存知の来年2021年Catskill博物館で開催されるAKIMARU HEXA Exhibition 2021の打ち合わせに
今年6月 Catskill博物館まで出かけます。その際打ち合わせに使うハイグレードロッド数本を制作し、
博物館での打ち合わせで使用。その後ご希望のお客様に  お得意様特別価格で販売いたします。
● Museum grade HEXA( Exhibition展示用ハイグレードロッドと同等)
シングルTip  2pc   正価格¥450,000(税別)*3pcはご相談ください
お客様のご希望のMuseum grade HEXAをお得意様特別価格で製作いたします。ご希望の方はご連絡ください。
是非お得なこの機会にアキマル HEXA宜しくお願い致します。ご連絡お待ちしています。

アキマル竹竿塾 2020年塾生募集中!
詳細は 2020年2月2日公開の 10DAYS  および AKIMARU Webページをご参照ください。


AKIMARU BAMBOO RODS
http://www.akimaru.jp
Email    info@akimaru.jp
Cell       090-8393-2427




2020年2月2日日曜日

アキマル竹竿塾 2020年塾生募集中 !!

 プロフェショナル・バンブーロッド養成塾 アキマル竹竿塾 2020年新塾生 2名 募集中  
 ● 面接は必要書類受付順に面接。
 ● 募集期間   2020年2月1日〜 3月中旬・・・・ただし、塾生2名決まり次第その時点で終了。
 ●対象 現在仕事をお持ちの28歳以上の方。特に40歳以上の人生設計を真剣に考えておられる方。
 

 フライフィッシングの鱒釣り、ヤマメ釣りが好きで、プロのバンブーロッドビルダーととして、好きな釣りビジネスの世界で生きて行きたい人。
 アキマルが2年間みっちり個人指導、世界で通用するバンブーロッドビルダーを一緒に目指しましょう。

 バンブーロッド製作、未経験者でもOK。
 勿論バンブーロッド製作経験者、大歓迎です。
 又手前で、色が付いてない分、未経験者の方も大歓迎。良いアキマル色に染まってください。
 かく言うアキマル自身が、只々山女魚釣りフライフィッシングが好きなだけで、バンブーロッド製作は未経験から今のバンブーロッド人生が始まりました。
 1981年31歳の時、会社勤めを辞め、オリジナルグラファイトロッドの販売からスタート、1987年37歳の時、バンブーロッドビルディングをシアトルのアメリカ人 ユージーン・ミツダさんに3ヶ月習っただけ。
 英語は得意でない事から、その後はほぼ自身の試行錯誤だけ。
 そこからバンブーロッドビルダー人生がスタートしました。
 あっという間に時は過ぎ、今年10月で アキマル開業40周年を迎えます。
 今現在アキマルバンブーロッドの通算製作数がお陰様で600本を超えた所。オーダーは日本だけでは無く、フライフィッシングの本場アメリカは勿論、イギリス、スペインやポルトガル、ドイツなどユーロ圏など、世界から製作を依頼されています。加えて本場アメリカの有名フライフィッシング博物館がAKIMARU BAMBOO RODSの個展を開催してくれる様なご褒美も賜ってます。

 なにわともあれ、フライフィッシングが好きな方、釣りの上手い方、尚且つキャスティングの上手い方、キャスティングに対する向上心の高い方は、バンブーロッドビルダーとしての、成功の可能性を既に大きく持っています。
 あとはあなたの手でバンブーロッドの形にしてやるだけ。
 バンブーロッドを製作するという事は皆さんが思っている程難しいものではありません。
 好きで、信じて積み重ねてきた経験と釣りスキルが丸々、人生の武器になる、これは強いですよ。


 ご興味のある方は、まずは福岡のアキマル工房での面接試験にご応募ください。

 ●竹竿塾面接試験 および アキマル竹竿塾 詳細は 下記の アキマルWeb ページ をご参照の上ご応募ください。

        http://www.akimaru.jp       竹竿塾

 AKIMARU BAMBOO RODS
  http://www.akimaru.jp
  Email   info@akimaru.jp
  Cell      090-8393-2427

2020年1月25日土曜日

Per BrandinとHEXAの関係

Per BrandinとHEXA
 Per Brandinの名前はバンブーロッド好きならば、その名を知らない人はいないと言って良いほどのビッグネーム。その噂通り、彼の作ったロッドの中の特に凄い1本にお目にかかった事がある。
 そのロッドの凄さの度合いは、バンブーロッドビルダーの私をして、自身で使うロッドとして欲しいと思わされ、魚を掛けたくなるロッドだったのを覚えている。
 今でもPer Rodの新品ロッド、いや程度の良い物ならば中古ロッドでも良いのだが欲しい。まあリタイアしたPerにオーダーしても、まずOKの返事をくれないだろうと鼻から諦めているが・・・。
 Perはちょっぴり皮肉屋で職人気質丸出しの頑固なビルダー。だがやはりその名の通りカリスマ性もあり、人間的にも器の大きな、気さくなアメリカ人である。私と彼は歳も近く、2011年から毎年1回Henry's Forkのイベントで会い、お互いのロッドを振り比べ、その良さを理解し、その上でロッドの好みが合う事から3年前から共同作業をやっている。ここ数年のPerの仕事、E.C.Powell 本著作作業のお手伝いだ。
 2017年共通の友人Tom Morganの突然の訃報があり、モチベーションの下がった私を元気つける意味で、ロッド実験検証を一緒にやってみないかとPerが提案してくれたのだ。
 Perが私のオリジナルHEXAバンブーフェルール・ロッドの考え方に大いに興味を持っており、Perのロッド志向の原点E.C.Powell理論の実証実験をHEXAを通じてやろうやとの提案だった。
 E.C.の理論をベースにしたPerのオリジナル8'0"  #3  2pc のテーパー(トンキン製、メタルパイプジョイントロッド仕様)を彼が私に送ってくれた。そのデータを私が一旦HEXAテーパーに落とし込み、それを私の日本竹WATAKEで作ってみようやとの趣旨だった・・・Per自身が言葉にした訳ではないが、E.C.の理論はまず正しい。だからそのテーパーで出来たHEXAが良かったら、HEXAも本物だよ・・・と言ってるように私は感じ、一気にやる気が出てきたのを覚えている😁
 そしてPer Brandin と実験検証作業の上で完成したロッドが、 8'0" 3番の2pc  803HEXA 。
 今までのアキマルロッド以上にスリリングな、山女魚釣りにでも行けそうなしなやかさの中に、腰のある、シャープな8'0" の3番ロッド。
 去年2019年のHenry's Forkはこの803 HEXAで最高にエキサイティングなマッチザハッチが楽しめた。
 当然PerにもHenry's Forkのバンブーロッド・イベント会場で振って見てもらい、その時のPerの満足げな表情をはっきりと覚えている。

 Per Brandin ロッドが欲しいのだが、先立つものも無いし、彼もOKしないと分かってるから諦めている。 
 この803をHEXAで完成させた事で、Per B randinのスピリットの一端は理解出来た。
 この経験で、今まで以上にPerの凄さを認識出来た上に、私のHEXAバンブーフェルール・ロッド理論をPer Brandinという最高のフィルターを通し、証明出来た。この事が私にとって一番の収穫だった。
 きっかけを作ってくれた天国のTom Morganに感謝!!

 その後AKIMARU HEXAのデータとして、従来のアキマルアクションをG typeとし、別途 E typeの表示を開始した。
 E type とは803HEXA系統のプログレッシブ・ティップアクション。
 この803のテーパーデザインとは別の2種のアクションが、E.C.Powell理論 =Per Brandinにはあるようだ。
 
 下写真は803 HEXA。 803 HEXAロッド詳細は 2018年6月14日付け および 2018年8月26日付けのアキマルブログ 10DAYSをご参照ください



              下写真が803 HEXAのロッドベンディング。

Per Brandinとの新しいHEXA 
 2019年夏、Perが私のリクエストに答えて、彼のオリジナルテーパーを新たに送ってくれた。
 私と実験製作した 803HEXAの完成度に好感を持ち、私の実力を認めてくれた上で、 オリジナルの8'3”   #4weight line  2pcのテーパーを又送ってくれたのだ。
 テーパーグラフからすると、これは803とは別のE.C.Powell理論がベースのようだ。
 (この理論の詳細は今年2020年 PerのE.C.Powell 本かが完成、発売となるので、是非ご購入してください。本の詳細は、Perに確認後次回の 10DAYS  でおしらせします)
 この834 テーパー話も、きっかけはTom Morganの生前のアドバイス。
「アメリカの市場でビジネスを考えるならばメニューに8’0”以上の長さで、#4か#5weight Lineで、強風の中でもコントロール出来るウェスタンアクションのロッドがあった方が良いよ」と私に教えてくれていた。それをTomの会社を売った後、Tom と一緒に作ろうぜと言っていたが、実現できないままTomが他界。
 結局、Tomの言っていたその長モノロッドの具体的なアクションや絵は分からずじまい。
 8’以上の長モノロッドで#4 か #5 ラインの良いアクションのロッドで私が知っていたのは、やはり唯一、Per Brandinの8’3”  #4 weight line  3pc ロッドのみだった。
 私は歴史的名竿と言われるロッド群や他人が作ったバンブーロッドには、あまり関心もないし、キャスト出来ても感じる事は余り無いのだが、10年ほど前、HFの主レネ・ハロップの個展会場でたまたまみたのがPerの8'3" #4  3pc。この時の身震いするほどの感動を今も思い出す。
 去年の夏、その事を思い出し、駄目元位の軽い気持ちで、Perの8’3”  #4 か#5   のオリジナル・テーパーデー送ってくれない?とメールしたら、いとも簡単に8'3"  #4   2pcのテーパーを送ってくれた。
 その後、この8’3”  #4   2pc  メタルフェルール製、トンキン竹仕様のデザインを、HEXA仕様に落とし込み、 WATAKE製で製作している。
 しかも待望の3pc HEXAが間も無く完成する。
 Perには3pcの事はまだ言ってない。
 Perも前回の8’0”    #3   2pc  HEXAの作業の中から、HEXAの完成度を大いに気に入ってくれているので、次の3pc HEXAで彼をもっと感激させようと思っている。
 6月のCatskill旅でPerと一緒に釣るので、それに間に合わせるべく頑張ってる。

 “  改めて、ここまでの事、バンブーロッドビルダーの幸せを届けてくれた亡き師 Tom Morganに感謝します ”

 下が3pc HEXAの完成予想図。
 今春から HEXAは新しい16,3mm直径の銘木スペーサーとPocket Cap & Ring 金具のデザインに変更する。



 803 HEXA ロッド詳細  および新作の 3pc HEXA詳細は、お電話かメールにて直接アキマルに御尋ね下さい。
        Cell   090-8393-2427        Email    info@akimaru.jp

2020年1月18日土曜日

アキマル工房に遊びに来て下さい。

アキマル工房に遊びに来て下さい。

 今年からアキマル工房をお客様に解放します。
アキマルロッド及びランディングネット等、購入ご希望や、今後ご購入予定の方はアキマル工房に是非遊びに来てください。
 ◉工房で、現物ロッドやネットを見て頂きながら、お茶しましょう。
 ◉工房近くの芝生公園で、デモロッドやサンプルロッドに実際にラインを通し、試し振りも楽しめます。
 ◉毎日の工房解放は作業の関係上で無理ですので、来工房日時の事前予約をお願いします。
 お客様の来工房希望日候補日を手前で、電話かメールでお知らせ頂き、都合のいい日をアキマルと打ち合わせましょう。複数日候補を上げて頂き、都合の良い日時を相談しましょう。
 ◉ 遠方から車でお越しのお客様は、アキマル工房近くの地下鉄・橋下駅か姪浜駅まで、アキマルがお迎えに上がります。お申し出下さい。

       E-mail     info@akimaru.jp               携帯電話 090-8393-2427


狭い工房ですが是非遊びに来て下さい。

News !! 今後のアキマルの計画をお知らせです。
 
     Catskill Museum   AKIMARU HEXA Exhibition 2021(仮称)
 今年は来年2021にNew York郊外のフライフィッシング博物館 Catskill Fly Fishing Center &Museum(キャッツキル博物館)で開催される AKIMARU HEXA Exhibition2021(仮称)の準備の年で、6月Catskillまで出掛け、博物館スタッフとの打ち合わせと友人たちと大型ブラウン鱒釣りをやってきます。
 展示会詳細はこの打ち合わせで決まると思いますので、帰国後にご報告させて頂きます。

 フライフィッシング界で生きる人間として、あの名門Catskill博物館で個人的Exhibitionを再度(2015年にもAKIMARU EXHIBITIONを開催)開催して頂けることを非常に名誉に思います。
 これも1981年アキマル開業以来、約40年弱応援してくださっている皆様のお陰。
 改めてこの場をお借りして感謝の言葉を申し上げます。
“ 心より御礼申し上げます。これを励みに更なる製品向上を目指し、日々精進します。
今後とも応援よろしくお願いいたします。”
 つきましては、この感謝の気持ちを込めまして、AKIMARU HEXA Exhibition 2021開催を記念、
 展示ロッドと同等の Catskill Exhibition 2021記念ロッド 10本の受注を開始いたします。 
     どうぞExhibition開催経費捻出の為の、応援オーダー宜しくお願いいたします。😁

 今年春からリールシートを39年振りにモデルチェンジ。
 下写真、Pocket Cap & Ringのリールシートに変わります。
スペーサー材は銘木スペーサーの候補からお客様に選んで頂きます。(2月か3月にアメリカから銘木材スペーサーが入荷します。)


記念ロッドはExhibitionの展示ロッドと同等品10本限定製作。
Catskill AKIMARU Exhibition 2021のメモリアルスペック記入。
お客様のお好みの仕様で製作致します。
記念ロッド詳細は近日中に次回  10DAYS  ブログ上で公開します。
◉記念ロッド詳細、お急ぎの方は直接アキマルまでメールか電話でお尋ね下さい。
◉ 展示ロッド其の物が良ければ、納期は2021展示会後になりますが、それも可能です。
基本的に展示ロッドは10本、同等品の記念ロッドも10本限定製作予定。
展示ロッドに関しましては、お客様から事前にご注文をいただいたロッド以外は全てCatskill博物館に寄付、その後Catskill博物館で Permanent Display (永久展示保存)して貰う計画です。

 アキマルは今年11月で開業40周年を迎えます。この40周年の記念年2021年にFFの本場アメリカのCatskill博物館でAKIMARU HEXA Exhibition 2021を開催して頂ける事を、心より感謝いたします。
 但し、Catskill AKIMARU HEXA Exhibition 2021は私一人だけで成功させるのは至難の技。
 どうしても皆様の応援が必要です。日本人バンブーロッドビルダーの誇りに掛け、皆様の応援で必ず成功させたいと思います。どうぞ応援宜しくお願いいたします。


AKIMARU BAMBOO RODS
http://www.akimaru.jp
E-mail   info@akimaru.jp 
Cell   090-8393-2427



 


2019年11月11日月曜日

Catskill 博物館でHEXA展示と京都展示会

 北海道にも雪が降り始める強11月8日、九州在住の私には完全にマス族釣りは終わり。

 今年シーズン終盤、アメリカから嬉しいNewsが届きました。
“ WE will promote your HEXA Exhibition at 2021--------------”
“ アキマルのHEXAバンブーフェルールロッドの展示会を2021年に開催しましょう-------”
と言う内容のメールでした。
 差出人はアメリカ New York 郊外にある有名はフライフィッシング博物館
Catskill Fly Fishing Center & Museum(略称CFFCM)  キャッツキル博物館の館長 Mr.John Kovach.

 今年の春先に友人の北米HARDYのキャスティングインストラクターJohn ShanerからCatskill釣りの誘いが有った。
 来年2020年 6月1週、彼の Catskill河畔のロッジに滞在して大型ブラウンをドライフライで釣ろうとの招待だった。
 その打ち合わせの中でCFFCMの館長が新しい人に変わった事や、私の新機軸HEXAバンブーフェルールロッドのオーダーの話になり、HEXAをCFFCMで展示して、アメリカ人フライフィッシャーにHEXAを紹介したら良いじゃない?とのJohnの奨め。
 JohnはCFFCMの運営評議会のメンバーで、CFFCMの年間催事計画に関わっていたのだ。
 今から4年前の2015年、先代のCFFCMの館長Mr.Krulの時にAKIMARU BAMBOO RODSの
展示会 “ THE JAPANESE ARTISAN SPIRIT ”を日本人として初めて開催して貰ってからの博物館とのお付き合いである。
 今回のHEXA展示の話のきっかけは、その2015年展示にはHEXAバンブーフェルールロッドはまだ試作品を並べた程度で、現行のHEXA第8世代の完全型HEXAは紹介出来て無かった事、更には、2年前からの案で、バーモント州のFF博物館AMFFでのHEXA展示案が、共同展示者になるはずだったTom Morgan の突然の訃報以後、HEXA展示計画が止まったままでいたことも有り、このCFFCM館長、Mr.KovachのHEXA展示会のお誘いを、お受けする事にした。
前回2015年のExhibitionの時はChrisやMikeをはじめとする
アメリカ東海岸の友人達がNew Yorkやヴァーモント州から、
イギリスからはシェフの石井さんまでわざわざお祝いに駆けつけてくれた。

 来年2020年6月、Catskill 大型ブラウン釣りを兼ねて、CFFCM館長と展示会の為の打ち合わせをやってくる事にした。

 HEXAの考えをまず最初に認めてくれた亡きTom Morgan、HEXA研究進化のためにオリジナルテーパー803を提供してくれたレジェンドビルダー、Per Brandin、サンフランシスコの名門クラブ、ゴールデンゲートキャスティングクラブのメンバー、 Henry's Fork のBamboo Rod Days主催者Nelson Ishiyama-sanはじめとするFF本場アメリカのバンブーロッド愛好家達、モンタナの名手 John JuracekやHFの名ガイドJohn McDaniel、そして生きる伝説 Hoagy Carmicheal など本場アメリカの猛者たちが新機軸バンブーロッドHEXAのお披露目を後押ししてくれてます。
 日本人バンブーロッド・ビルダーとしてFFの本場アメリカCatskillで、HEXAバンブーフェルールロッドをお披露目します。日本の皆様も是非応援宜しくお願いします。

 このCFFCMでの展示に先駆け、今年は京都でHEXAの展示会を開催します。
 関西の皆様是非お遊びにいらして下さい。会場でお会いしましょう

AKIMARU BAMBOO RODS  京都展示会
The Bamboo Rod Builders 2019 KYOTO  
京都 下京区の  GALLERY Ann でお披露目です。関西の皆さん是非遊びに来てください。

● 開催日時 11月30日(土)11時ー19時
           12月  1日(日)11時ー17時
    
● 会場 「GALLERY Ann」
住所 〒600-8056
   京都府京都市下京区高辻通り麸屋町西入る雁金町170 1F 
TEL 090-1718-1122(TEL受付AM 9:00〜PM 19:30



● HEXA  のオーダーおよび京都展示会詳細DMご希望の方は下記アキマルアドレスまでご連絡ください。
●KYOTO展示会で展示するハイグレードロッドを展示会終了後格安の特別価格で販売いたします。予約販売受付中!! 
●2pc 及び3pc 展示ロッド(10〜12本展示予定)対象は全てのロッドです。
お客様の事前、ご希望のロッド仕様で製作も可能です。
詳細はアキマルまで直接お尋ねください

E-mail      info@akimaru.jp
Cell Phone    090-8393-2427